落陽の速度
 日が落ちるのがはやくなった。と、人は言うのだけれども、落陽の速度は変わり無くいつもと同じ。地球の公転の関係で日の出ている時間が短くなっているのです。小学生のときにそう聞いた覚えがある。
 今日は晴々とした天気と気持ちで公園へ。そして荷物番。怪しい輩が大事な荷物に寄り付かないようにするのが仕事なのです。そういえば、今朝のPenguin Cafe Orchestraは良い選曲だった。まぁ、音楽は素敵にしても“体は人間、頭はペンギン”の、あのジャケットは多くのちびっこ共にトラウマを植えつけたことだろう。CDジャケットのデザインて大事。“ジャケ買い”なんて言葉があるくらいですから。僕の場合“帯買い”という厄介な奴もありまして、“今年はコレしか出しません -坂本慎太郎”と、ゆらゆら帝国のジャケットの帯に書いてあったときは残金関係無しに買いました。“レアもの”に“色違い”、“限定生産”や“発注生産”に喰い付くようなものですね。と、大事な荷物にヨークシャーテリアが寄ってきたので優しく追い返す。おばさんが“ペロちゃん!ペロちゃん!”と呼んでいる。ペロちゃん、僕、しばし見詰め合う。ミドリカワ書房の『モモ』は珍曲。全てが終わり帰宅するとTIN PAN ALLEYを聴きながらの晩飯だ。今日はうどんに牛肉を盛ります。ははは、この肉、乳臭い。ペンギンに犬にチンパン、牛肉。獣臭い一日でしたね。
[PR]
# by yoshihit0 | 2008-11-17 01:09 | 日記
さあ、日記だ日記だ
先日…といっても大分前になるのだけれども。先日、下北沢にて大学時代でお世話になった先輩と世間話。
“ネットで悩みやら実生活の日記を書いてる輩はどうかしている!”と、僕。
(俺は文を書く練習として毎日書いてるよ)と、先輩。
“あ、そいつはぐっどですね!”と、僕、うんむと頷く。
そういうわけで、断続的にでも日記を書こうと思う。毎日書くことが日記なのだとしたら別ジャンルでしょうけれども、それならそれで、日記を目指す過程の日記に似せた文。そういう具合で良しとしたい。でも、日記と雑記の区別がつけれるのか。僕。


 アルバム『ゆらゆら帝国/空洞』による起床、体調と音楽の具合が良い。けれども雨。洗濯日和と決め付けていたので“畜生”と、憤怒。天気に怒る自分を反省し、The ClashのCombat Rockをかけながら掃除機をかける。ディスコ調のRock The Casbahが堪らなく格好良いのだ。ここ最近、New Waveの音楽がしっくりくるのだ。Talking Headsはど真ん中。Road to Nowhereが楽しく切なく不健康でよろしい。気分が良くなったので昼食は近くの牛丼屋の豚丼だ!キムチ豚丼を喰った。そのまま自宅周辺を徘徊。帰宅後、Max Richterを流し、あんこ玉を珈琲で流し込みながらの読み書き。Max Richterは僕のような俗でも聴けるクラシックぽい音楽。大音量でながし、気持ちが自然と落ち込む。落ち込んでいても腹は減るので晩飯とする。鯖味噌缶を開け、白米とあわせて喰う。妙に鯖味噌缶がしょっぱい。選曲って大事。
[PR]
# by yoshihit0 | 2008-11-16 01:09 | 日記
騎士道
電車での移動中。

(お前は最近、何をしている時が楽しいんだ)
と、おっさんに問われた。

“へぇ、最近ですか。最近のあっしは移動中が楽しいです”
(はん?)

“いえね。こうして目的地に移動している最中が好きなんですよ”
(…お前、案外ロマンチックなんだな)

ロマンチックは大切なのだと気付き始めた今日この頃、「騎士道」にて珈琲を飲む僕。
「騎士道」と書かれた翠の看板。れいのあの尖った兜が描かれている。余ったスペースには“珈琲喫茶&サルーン”。・・・。いいぞ。騎士道でサルーン。鎧兜の英国紳士がリボルバー片手にゴールドラッシュなのだ。このフロンティア精神溢るるお店に僕は必然と吸い込まれた。

狭いながらも英国風に飾られた店内。天井にはシャンデリアがぶら下がっている。寡黙そうなマスターが珈琲をいれている。そのよこを忙しそうに逆三角形が動いている。あ、ママさんか。うんにゃ、逆三角形だ。うんにゃ、肩パットだ。うんにゃ、肩パット?そのニューウェーブが僕にスポーツ新聞を薦める。
うんにゃ。
雑誌を薦めてくる。
うんにゃ。
と、軽く80年代をいなしているとそれまでは居なかったはずの老婆が“やきそば”と、呟く。…。裏メニューだ。寡黙なマスターは奥で麺を焼き始める。こいつぁ、すごい。思わず生唾を飲み込む。
肩パットママが老婆に言う。
“さえちゃん、元気ねぇ”
実に親しげだ。常連だから頼める裏メニュー「やきそば」。さえちゃん。騎士道。
“さえちゃん、随分と毛が伸びたのねぇ”
“さえちゃん、熱いの?”
“さえちゃん、おトイレ覚えた?”
嗚呼、さえちゃんて、老婆が小脇に抱えているその犬のことね。嗚呼、なるほど。さっきからフゴフゴ鳴ってましたもんね。
椅子に置かれたさえちゃん。老婆。肩パット。
さえちゃん、椅子を降りようとする。と、老婆がさえちゃんの首根っこをむんずと掴む。さえちゃんフゴー。
さえちゃん、椅子を降りようとする。と、老婆が脇に挟み込む。ブレーキ壊れた老婆のパワー。さえちゃん挟み込まれてフゴォー。さえちゃんは小型犬なので見ていてハラハラする。壊れる(子供が小さな生き物と接する際にあらわになる無邪気さ故の恐怖、残酷性)。でもさえちゃん「やきそば」もらって上機嫌。偉いなぁ、さえちゃん。

ヤマなし・オチなし・イミなし。を「やおい」というらしい。
[PR]
# by yoshihit0 | 2008-11-14 01:09 | 雑記
COLDPLAY
c0110101_2435370.jpg
『Viva la Vida or Death and All His Friends (美しき生命)』

プロデューサーてなんですか。お飾り。若しくは一種のブランド程度にしか見ていなかったのだけれども、今回のアルバムでその重要性をガツンと思い知らされた。というのは、あまりにも違う音楽性と、たまたまプロデューサーであるブライアン・イーノの音楽を知っていたから(おさわり程度)。こういった過程は抜きにしても、結果として1トラック目の“Life In Technicolor (天然色の人生)”のイーノ臭さに黄金千貫、吹いたんです(まるでそれは毒霧のやう)
イーノっていうと(アルバムごとにコンセプトは違えど)徹底した形式美(段々と色付けされてゆく音・4つ打ちの心地良さだとか…)というイメージが僕の頭にゃありまして。今作『美しき生命』はそれが前面に押し出されていて。さながらそれは、シンメトリックを主張した洋館のようで“どっすーん!”とした安定感を印象付ける。また、賛美歌の様に謳い上げるヴァイオリンやらの装飾音、コーラス・ボーカルは“ぐぐぐぐぐ!”と、いった具合に力強さがある。恐らくブライアン・イーノは前者であり、COLDPLAYは後者なのだろうなあ。いや、そうに違いない。と、妄想を掻き立てながら僕は焼酎を飲む(館の扉を一つ開ける度に目の前に広がる素晴らしき世界。満酌辞するを須ひず。ヴィヴァ!)
“生命の力強さ”を表現しているのかどうかは解らないけれども、このどっしりとした安定感と繊細な音はついつい繰り返し聴いてしまいます。はははん。

といった具合に舵取りであるプロデューサーで音楽を聴いてみる。と、いうことにも興味がでてきた今日この頃。音楽を探す楽しさが増えました。忙しくなりそうです。そうですか、金欠ですか。
[PR]
# by yoshihit0 | 2008-06-16 01:09 | 聴くもの
ザッキ!ザッキ!!ザッキ!!!
最近、僕の身の回りでは大変なことが起こっています(ing系)。乗った電車が「人と接触した恐れがありますので確認の為停車いたします」と、30分ほど停まり(結局のところ、接触はしなかったらしいのだが救急車が遠ざかる音がすぐ傍で聞こえた。はてさて…)、帰り道には目の前を2匹の黒猫が横切り、書類をコピーしようとコンビニに立ち寄れば中年のおじさんが右手をぷるぷると震わせ「ううう」と言って倒れる始末。「ウーン」と、サイレン。間も無くおじさんは救急車に収容され何処かの病院へ移送されていく。「うーん…」。昨日だって、公園でシャドーボクシングをするハゲのおっさんにメンチを切られ、ふと目をそらした先の屋根には子供靴が1足、2足。「うん、む?」と、唸ると子犬に説教しながら散歩するおっさんが僕の横を通っていく「いいかい、お前より俺のが偉いんだ!」なんてのを鼻息切らして言ってらぁ…はてさていったい何が起こっているのですか、この世界。何がこれらをそうさせたのか?俺が奴らをそうさせたのか?「ううう」と、千鳥足。一駅歩いて帰ったのですがいつもの3倍時間がかかって、気付くとレンタルビデオ店のTSUTAYAで何を借りようかと品定めをしていたりなんかして、脇には何故か今さっき一緒に呑んで別れたはずの友人がいて「あれ、帰ったんじゃないのかい?」なんて聞かれたりして。さっぱりだ!嗚呼、全く、この店はトリュフォーをしらんのか!他人に見られる日記なんて日記じゃねぇっ!だからこんな文を打つんです、僕は。
否、少しだけ趣味やらを書いてみよう。最近夢中になっているのはブーツの履き潰し。高校生の時に買った見事なREDWINGのブーツ。こいつを最近履き続けています。で、家に帰って靴の裏を見るんです。「くへへ、減ってる減ってる」と、僕、にんまり。底が削れていくのが良いんです。もう、ボロボロにしてやるんです。ゴッホの古靴みたいに。
焼酎が進まなくなったので文を。煙草も止めよう。と、思いましたのでコレにて仕舞い。
c0110101_2338543.jpg
遠くへ行ってしまった僕の友人

[PR]
# by yoshihit0 | 2008-05-25 01:09 | 雑記



07. かいじゅうゴミイのしゅうげき [0:00]
by yoshihit0
カテゴリ
全体
日記
雑記
観るもの
聴くもの
催し物
検索
アイマイミーマイン
お気に入りブログ
以前の記事
2008年 11月
2008年 06月
2008年 05月
more...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧